勉強できる本

【投資本の要約】5万円からでも始められる黒字転換2倍株で勝つ投資術

『5万円からでも始められる黒字転換2倍株で勝つ投資術』はこんな方におすすめ!!

  • インデックス投資の次の投資を探している!
  • 大きなリターンが望める投資法で資金を増やしたい!
  • FIREに向けて資金を集めたい!

 

『5万円からでも始められる黒字転換2倍株で勝つ投資術』の内容を一言で要約すると

「高いリターンが望める的中率70%の投資法を学べる1冊」です。

 

著者の馬淵磨理子さんは、金融情報配信会社フィスコの研究員や経済アナリストとして活動。

youtubeでもわかりやすい投資情報の発信活動をされています。

「うまちゃん」の愛称でも親しまれ、日本一バズるアナリストとしても知られています。

 

そんな馬淵さん(以下、著者)が今までの投資経験を元に編み出したのが

「的中率70%の堅実な投資法」=黒字転換2倍株への投資です。

中身は非常に実践的なことが本書の大きな特徴。

 

  • いつ買えばよいか。
  • どんな銘柄を買えばよいか。
  • 銘柄の探し方
  • 選んだ銘柄の分析方法

 

こんな内容まで踏み込んで教えてくれる1冊です。

紹介されている方法を使えば、すぐにでも銘柄探しから始められます。

 

今回はそんな本書のポイントとFIREに活かすための視点を解説していきます。

 

 

目次 5万円からでも始められる黒字転換2倍株で勝つ投資術

はじめに
・全国各地で話した「的中率70%超え」の実績ある手法

■第1章 黒字転換2倍株こそ、個人投資家の王道!
・ 2倍株は堅実株!
・ 黒字転換2倍株は、初心者にも簡単に見つけられる
・ ホップ、ステップ、ジャンプで資産を増やす!

■第2章 黒字転換2倍株は、こうして見つける!
・ 営業利益・経常利益の黒字転換が重要
・ 黒字転換2倍株をスクリーニング機能で探す
・ 20~30銘柄程度のウォッチリストを作成する

■第3章 黒字転換2倍株をファンダメンタル分析で見極める
・ ファンダメンタル分析 時流のテーマに乗っているか
・ ファンダメンタル分析 PERとPBRから見る
・ ファンダメンタル分析 IRの対応をチェックする

■第4章 売買タイミングを見極めるチャート分析の基本
・ 押し合い、もみ合い、もみ合いからの上放れとは?
・ 購入する株は見つかった! でもいつ買えばいいの?
・ 利益確定の目安を持っておこう

■第5章 IR情報を投資にフル活用する
・ 決算短信はここを読む! ~現在と未来の成長性を確認する
・ 有価証券報告書の読み方
・ 【事例解説】RIZAPの株価暴落は、決算短信に表れていた!

■第6章 相場サイクルで投資チャンスを見極める
・ 投資の現在地を把握するため相場の「4つのサイクル」を理解しよう
・ 株価が動く14の要因
・ 中長期投資のために情報収集力を磨こう

■第7章 決算書には表れない企業の強みをは、ここで見抜く!
・ 投資家は、経営者と企業の動向をよく見ている
・ IRも経営者の仕事であると認識が変わると株価は上昇しやすい
・ 成長性のある企業かどうかは、社長インタビューで確かめよう

目次はAmazon販売ページより引用

 

【感想&要約ポイント】5万円からでも始められる黒字転換2倍株で勝つ投資術

本書を読んでの感想を一言で言うと

「こんなに具体的に教えてもらっていいの…?」です。

 

本書で紹介されている「黒字転換2倍株の投資術」を

  • 実際に証券会社でのスクリーニング設定を記載した銘柄選定方法。
  • そこからさらに買う銘柄を絞り込むための判断基準。
  • テクニカルチャートや各指標の見方。
  • さらにその株を今後も保有するべきかどうかの基準まで。

などとにかく具体的に書かれています。

しかも実際にスクリーニングした銘柄も書かれているので、至れり尽くせり。

本書で紹介されている「黒字転換2倍株の投資術」をすぐにでも実践することができます。

 

そんな本書のポイントを3つに分けると以下の通り。

  1. 黒字転換2倍株の投資術とは何?
  2. 黒字転換2倍株の探し方=無料で誰でもできる!
  3. 黒字転換2倍株の選び方

 

それぞれ詳しく解説していきましょう。

 

① 黒字転換2倍株の投資術とは何?

まずは本書で紹介されている黒字転換2倍株とは、

どんな投資法かを押えておきましょう。

 

黒字転換2倍株とは一言で言うと

「赤字体質だった企業が、

黒字転換するタイミングを狙っていち早く買いを入れる投資手法」です。

赤字企業が黒字化することによる株価上昇をいち早く読み投資。

売却によるキャピタルゲイン(売却益)を得るという投資法になります。

 

特徴をもう少し具体的に書いていくと以下の通り。

  • 四半期ごとの決算が株価上昇のタイミングとなる。
  • 営業利益もしくは経常利益が赤字から黒字となる企業を狙う。
  • 3か月~2年程度の期間で投資する中長期投資法。
  • 現時点では底値(安値)で放置されているので少額でも投資可能
  • 時流のテーマに沿った企業なら2倍以上の株価上昇も狙える。

特に最後の『2倍以上の株価上昇が狙える』

この部分は非常に魅力的ですよね。

 

この投資法は実際に著者自身が多くの講演やアナリスト活動の中で、

実践かつ紹介してきた実績ある投資法とのこと。

とても堅実で的中率70%超えの投資方法だと自信を持って紹介されています。

 

またこの投資法は、特に資産が少ないうちの投資法としておすすめで、

高配当株への投資をするための原資作りとしても使えると書かれています。

 

 

② 黒字転換2倍株の探し方=無料で誰でもできる!

しかしそんな『赤字→黒字転換企業』はどう探せばよいのでしょうか?

本書では実際の探し方が具体的に記載されています。

それは「銘柄のスクリーニング機能」を使うことです。

この機能は各証券会社で口座を作れば、無料で利用できます。

 

本書では証券会社のスクリーニング画面を映しながら、

その銘柄を絞るためのステップが記載されているので、同じように進めていけばOKです。

具体的には以下の証券会社でのスクリーニングの方法が記載されています。

  • マネックス証券
  • SBI証券
  • 楽天証券

 

いずれも証券口座を作りさえすれば、無料で使える機能のみで解説されています。

実際に投資するには投資資金がいりますが、

口座開設+スクリーニングまでなら上記の証券口座いずれも無料でできます。

 

この記事では、より具体的な方法は割愛しますが、

実際に私自身も本書で解説されている手順に従って銘柄を検索してみました。

手順に従うだけで、全3,800社以上の上場企業の中から110社程度まで企業を絞りこみできました。

あとはこの中から、黒字転換企業を選んで投資をします。

 

 

③ 黒字転換2倍株の選び方

実際に絞り込みができたら、次はその中から投資する企業をさらに選定します。

本書では20~30銘柄に絞り、ウォッチリストを作って監視するのをおすすめしています。

そしてファンダメンタル・テクニカルの両面からタイミングを計り投資します。

本書ではこの作業を「偽物を省く作業」と呼んでいます。

 

そこで重要になるのが以下の3つの指標です。

  1. 通期業績の予想営業利益
  2. 経常利益の進捗率
  3. 具体的な事業内容

 

1.2は具体的は四半期(3か月ごと)に行われる決算時に発表される値を見ます。

3は、その企業がどんな事業を行っており、その事業が時流のテーマに沿っているかをみます。

詳しく解説しましょう。

 

1、通期業績の予想営業利益

通期業績とは、1年を終えての企業の業績のことです。

営業利益とは、企業の活動のうち、本業で稼いだ利益のことを言います。

つまり1年を終えての、最終的な本業での利益の稼ぎを予想した値のことです。

 

四半期ごとの決算では、この予想営業利益が発表されます。

そこで業績が好調なら、営業利益の予想を引き上げることがあります。

ここに注目して、最終的に黒字化するかどうかを先回りしてみる必要があります。

 

2、経常利益の進捗率

経常利益とは、企業が通常行っている事業で得た利益のことです。

さきほどの営業利益との違いは「営業外利益」が含まれているかどうかです。

式にするとこんな感じ。

・経常利益=営業利益+営業外利益

 

この経常利益が最終的な通期の計画に対して、四半期時点でどれぐらい達成しているか。

この値を表したのが「経常利益の進捗率」になります。

 

目安としてはそれぞれのタイミングで25%ずつ上乗せた進捗率を上回っているかです。

  • 第一四半期:25%以上
  • 第二四半期:50%以上
  • 第三四半期:75%以上

この進捗率を上回っていれば、最終的に通期で100%を超える可能性が高いです。

黒字化を達成できるかを先回りして読む重要な指標となります。

 

3、具体的な事業内容

最後の事業内容は、どちらかと言うと

黒字化した後の株価伸び率や継続率の指標として解説されています。

 

つまり「テーマ株」と呼ばれるような時流に合った株の場合は、

株価の伸び率が高いし、その後も株価上昇が継続する可能性が高いです。

冒頭であった『2倍を超える株』は黒字化+テーマ株ということになります。

 

本書では今の時流のテーマとして、

  • DX(デジタルトランスフォーメーション)
  • グリーンエネルギー
  • キャッシュレス決済
  • クラウドファンディング

などが挙げられていました。

このあたりはその時々の政策やニュース、時代の流れ…

こういった要素で変化するので自分でも情報収集が必要です。

 

本書のその他の内容

要約記事では内容を割愛しましたが、やはり一番は

『手順に沿って行うだけで、黒字化候補銘柄を絞り込める具体的な方法』

この解説だけでも読む価値があると思います。

 

またそれ以外にも

  • 絞り込んだ銘柄を買うタイミングを見極めるチャート
  • 個人投資家でもできるIR情報の活用方法
  • 株価が動く14の要因
  • 無料で読める投資シンクタンクレポートの解説

 

など…黒字転換2倍株を狙う投資法以外にも

投資について深く学べる内容となっています。

 

インデックス投資の次の投資法を探している方には特に参考になる1冊です。

気になった方はぜひ一読することをおすすめします。

 

本書の内容をFIREに活かすには?

私自身が本書の内容をFIREに活かす視点としては以下の2つです。

  1. コアサテライト投資候補の1つとして「黒字転換2倍株」を入れる。
  2. スクリーニング機能を活用の再認識

 

1、コアサテライト投資候補の1つとして「黒字転換2倍株」を入れる。

コアサテライト投資とは、インデックス投資をメインとしながらも、

サテライトとして他のリターンの高い投資法を合わせて行い、

インデックス投資だけよりも短期間・高リターンでの資産形成を行う投資法です。

 

本書で紹介されていた「黒字転換2倍株」も、

もう一つの投資先として候補に入れたいと思います。

 

まずは銘柄を絞り込んで、20~30株程度のウォッチリストを作ること。

そして監視しながら買い時が来るのを待つところから始めたいと思います。

 

インデックス投資は、投資の最適解ではあるものの、資産形成に時間がかかります。

プラスアルファのリターンとFIREの早期実現に向けての投資法として、

「黒字転換2倍株」は非常に魅力的に感じました。

 

 

2、スクリーニング機能を活用の再認識

もう一つは証券会社のスクリーニング機能の活用です。

本書の内容を参考にしながら、

それぞれの証券会社のスクリーニング機能を実際に使ってみました。

改めて銘柄選びが非常に便利にできることを実感。

 

特に使いやすいのはマネックス証券の「銘柄スカウター」です。

様々な指標から銘柄の絞り込みが可能。

今後の投資先選びの強い味方になりそうです。

 

また今後スクリーニング機能の活用方法なども記事にしていきたいですね。

 

 

【まとめ】5万円からでも始められる黒字転換2倍株で勝つ投資術

今回は馬淵磨理子さん著の

「5万円からでも始められる黒字転換2倍株で勝つ投資術」の要約でした。

まずは20~30のウォッチリストを作ること。

そして投資のタイミングを淡々と狙うことから始めたいと思います。

 

本書のタイトル通り、

少額から始められて堅実かつリターン期待の大きい投資術。

ぜひ一度本書を参考に始めてみてはいかがでしょうか。

 

  • この記事を書いた人
月原@目指せ経済的自由

月原@目指せ経済的自由

経済的自由を目指す副業サラリーマン 【経歴】 ・早大卒→就職 ・ブラックな労働環境で残業0達成 ・毎日定時で帰ってアフィリエイト ・月15万を達成 ・しかしコロナで売上ダウン ・2020.6月ブログ「沈黙の謀反」開始 ・経済的自由目指して行動中! ・一緒に頑張りましょう!

-勉強できる本

© 2022 沈黙の謀反~FIREへの道~